2009年04月08日

中古自転車のリユース

地球環境問題解消に役立ことで私ができることは何だろう
2,3年後に定年退職し年金生活を送ることになるのだが...

色々考えた結果、中古自転車のリユースを推進したいとの思いに至った。

先ず、自転車は化石燃料(ガソリン)枯渇を少しでも遅らせることができる。
ガソリンが枯渇しても人間の移動手段としては永遠に可能な手段だ。

地球環境とともに、大切な人間の「健康」にも大きく役立つ。
横浜に単身赴任してたとき、満員電車で通勤していた。
バイクでの通勤を考えたことも有ったが、何故、自転車を使わなかったのだろう?
幸いに、残業が多かったわけでもなく、バイクで2,30分だったから、自転車でも1時間で行けただろう。

横浜での単身赴任は、股関節症の私には満員電車と駅の構内の移動が辛く、1年で挫折し田舎の本社に戻してもらった。
自転車なら、まだ続けることができたのではないだろうか?

最近、都会の通勤族が、結構、自転車通勤に変えたとニュースで聞いた。
本当に良い方向に動いていると思う。

さて、話しを戻して、中古自転車のリユース推進の話しだ。
息子、娘が大きくなり、子供のころの自転車をどうしたか?

娘の自転車は家内の妹の娘に譲った。
息子の自転車は、山の中の処理場に持っていった。
娘の自転車は、その後また他の人に渡っていった可能性はあるが、
山の中に埋められるため、何台も置いてあった自転車を見て寂しい気がしたのを覚えている。

駅に放置される自転車も大変気になる。
高校、大学に進学と共に買い、卒業とともに捨てられるのだろう。

これらの「山に埋められる自転車」「駅に捨てられる自転車」の再利用を促進したいと考えるようになった。
色々、そのような仕組みが出来ているのだろうが、我が家が良い例で、息子、娘には新しい自転車を買い、それを捨てたのだ。

大半の家庭では、我が家と同じことをしてきているのではないだろうか?

定年退職までの2,3年で先ずは、

自転車の修理を自分で出来るようになりたい
そのために、どこかの自転車屋さんでアルバイトしながら修行したいと考えている
幸いに、機械いじりが好きで、学校も機械工学を専攻したのだから...


ラベル:自転車
posted by dragon88 at 06:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。