2009年02月06日

IHクッキングヒータとメンテナンスの色々

5.IHクッキングヒータ(投資費用:20万円)

これも優れものです
プロパンガスに比べ、200L、10℃の水を100℃にするのに、9分が7分に短縮します。
これは、さほどでないかもしれませんが、逃げるエネルギーが違います
ガスの場合、3割にエネルギーが空気中に逃げます

結果、一ヶ月の光熱費は3628円が1408円になるわけです

我が家の場合、台所と居間が一部屋になっているので、暖められた空気は全部が無駄になっているわけではないのですが^^

少々、話しが脱線しますが、
暖炉のある家(部屋)で生活したいですね

私の中学校のころなんか、コークス(石炭の?)をストーブでガンガンと先生が炊いてました。
ストーブの上には、でかいヤカンが有って、湿度も程よく整えられましたね

暖炉で、燃やすゴミなどを燃やして、一日中、部屋中がポカポカ
そんな、リッチな生活を取り戻したいですね

こんなブログを書いていると、何か間違った方向に行ってしまいそうで、考えてしまいます
もう少し、人間らしいゆとりのある活動をしたいですね

はい、気を取り直して。。。


9.メンテナンス

さて、最後に、

日ごろ出入りしている工務店や電気屋さん、ガス屋さんをオススメ
長年使用して行くものになるので保守面を重要視するのが良い
全国展開しているネットショップ的な量販店はオススメできない

とアドバイスしてもらいました

尚、我が家の冷蔵庫は大型かつ旧型
家族が、6人から2人(+犬1)になった今、どうしたら良いか今度報告します
エネルギー効率の良い新しい小型冷蔵庫も良いのですが、

まだ故障もしていない現在のものを捨てるのが・・・
山の中に埋められるのかと思うと、気が進まないのです。
タグ:環境対策

2009年01月05日

畜熱式電気暖房機、200V

3.畜熱式電気暖房機(投資費用:40万円)

我が家の居間は台所も一部屋の構造で18畳ある。
そこに200V仕様のエアコンで冷房し、暖房は石油ファンヒータとコタツだった。
子供2人が小さいときは居間の片隅を家具で仕切り学習机を2つ並べていた。

さて、この居間はどうしたら良いのだろうか?

石油ファンヒータは、1Lの灯油を使うと、1Lの水分(湿り気)が生じるそうです。
エアコンは湿り気が出ないため、同じ温度でも暖かさを感じにくいことになる。
喉を痛めたりしないためにも加湿器などの併用を考えることになる。

畜熱式電気暖房機は建屋の機密性も係わってくるが、投資効果は未だでない様子です。
しかし、安全面、快適面など見逃せないものなので、新築の場合は考えるべきだろう。

コタツは経費面、地球環境面の双方でやはり最良のものになる。
部屋が冷たくても(冷たい方が)かまわない人には良いですね。
このへんは好みによることになります。

さて、200V仕様エアコンの是非について、先に書きます。
結論から言えば、3相200Vを併用していることのランニングコストは100Vだけの場合と同じです。(変わりはない)
イニシャルコストは、配電盤や配線工事などがかかったと思います。(覚えてません)

200Vのメリットは、急速冷房、急速暖房を必要とする場合に有効だそうです。
その必要が無い場合、日本では標準の100V機器をオススメします。(量産効果で機器が安いから)

熱効率を優先してマイホームを求める方は、大部屋タイプを避け、天井の高さも低くして、小部屋たくさんタイプにすべきですね。

吹き抜けにするくらい天井を高くして開放感を大切にしたい人は、光熱費(暖房面)は別の作戦が必要です。

2008年12月22日

我が家のエネルギー見直し!太陽光発電、エコキュート

北陸電力リビングサービスさんに来てもらい我が家の光熱費を見直してみました。

地球環境面、経費節約面において、一般的には?我が家では?どうなのかを教えていただきました。


1.太陽光発電(投資費用:240万円・・・定価ベース)

地球環境面で良いことは確かだが、北陸では日照時間が少なく、採算性を除外しして考えざるをえない。
さらに、メンテナンス面が、かなり手間がかかるものだそうです。
定期的にガラス表面の汚れを落とさなければならないなど・・・
30A仕様で240万円の初期投資が必要になる。

240万は定価ベースで、どうも2,3割の出精努力もあるそうな...



2.エコキュート(投資費用:80万円)

従来型給湯器に比べ、CO2排出量は半減、経費は灯油に比べて4倍、プロパンガスい比べて6倍の効果がでる。
(平均モデルケースでの月当たりの経費は、プロパンガス9483円、エコキュート1490円)
我が家は井戸水なのだが、冬場の水温が水道ほど冷たくないので、光熱費は割安になる。
しかし、様々な成分が含まれるので、成分検査をして対応するエコキュートを選ぶ必要がある。
また、我が家は海に近いため塩害対策に専用のカバーをかけることになる。
カバーは保温性を高める効果もある。
すなわち、屋外に野ざらしにしても大丈夫だが、簡易物置内の設置が長い目で見て好ましいようだ。

割安の深夜電力を利用するのがエコキュートの理屈!
深夜加熱し日中は保温して夜に利用することになる。
そう言う意味では、朝風呂が効率的だと言うことだ。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。