2009年09月20日

電気温水器の深夜電力と待機電力の節約、地球環境対策

先日、我が家に新しい大型の電気温水器が設置されました。

今までは、灯油を使いボイラーでお湯を沸かしていたのですが、
夏くらいからボイラーの調子が悪くなり、お湯が出なくなってしまいました。

現在の地球環境や毎月の灯油代のことを考えると、
これからは電気でお湯を沸かしたほうがより地球にも家計にもやさしいと言うことで、
電気温水器を導入しました。

電気温水器というのは、常に電気を使いお湯を沸かしているのではなく、
夜の深夜電力の時間帯にお湯をまとめて何百リットルと沸かし、
それを保温しておき日中に使うという仕組みになっています。

ボイラーと違い灯油を買ったり、タンクに灯油を入れたりなどの手間もなく、
なお且つ深夜にお湯を沸かすことで電気代も安く収まります。

私たちは生きるために毎日多くのエネルギーを活用しています。
石油、ガス、電気などさまざまですが、どれも限られたものであるということは確かです。

同時に私たちがエネルギーを使えば使うほど、二酸化炭素が発生したり空気を汚染したりしています。

家庭の光熱費を節約したり、自動車に乗ることを少しだけ控えたりすることが自然保護にも繋がっています。

まず、身近に出来ることは一番は節電ですね。
家庭全体の電化製品の電気代全部の約9%ほどが待機電力なのです。
だから、使っていない電化製品のコンセントは抜くとか、テレビの電源は主電源切るなど、
よく言われる簡単なことがとても大切なのです。

しかし、これってなかなか意識しないと出来ることではありません。
毎日、使うたびにコンセントと入れたり、抜いたり。
テレビの後ろの狭い部分にコンセントがあったりすると、なおのこと毎回は面倒ですね。

それに毎回コンセントを抜いていたら、
朝起きてベッドの上からリモコンでテレビの電源がつかなくなりますしね。

快適な生活に慣れてしまった人には、節電は意識的に変えていかないと出来るものではありません。

しかし、これからは自分の家計のためだけに節電するのではなく、
地球環境のためにも節電、節約をしていく必要があります。
posted by dragon88 at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 節約と地球環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月30日

「ゴミ」の問題について考えてみよう

 現代社会は、毎日ただ何もしないでボーっとしていても、
生きているだけで「ゴミ」が出てしまう世の中だ。

現在に至っては、無数にある地球環境問題の中で今回は
「ゴミ」の問題について考えてみようと思う。

私たちは、一人当たり1日に約1キロほどの「ゴミ」を出しているようです。

この数字を多く感じるでしょうか。それとも少なく感じるでしょうか。

もちろん個人差はありますが、
私自身は「なんだ、その程度か。」と少なく感じました。

と言うのは、もっと「ゴミ」を出していると思ったのです。

私たちの現在の生活は、
「衣」、「食」、「住」すべてにおいて「ゴミ」が発生します。

まず、「衣」については私の体験からすると、
Tシャツなど同じものを2〜3年くらい着ると飽きてしまいます。

新しいものをまとめていくつか購入し、
以前の物は順番に捨てていこうと思うのですが、
それらのTシャツもまだ着れることは着れるのです。

Tシャツなんて普通にきれいに着ていれば、
多少生地はよれたりしますが、いつまでも着れます。

もったいないから、誰かにあげようと思うが
Tシャツのサイズやデザインは人によって違うので、あげることは出来ない。

じゃあ、捨てる前に雑巾にしてしまおうと思いますが、
どの道一度使って捨てるなら今捨てても同じか・・・とか。

それ以前に、雑巾にするようなタオルなんて家にいくらでも余っている。
色んな所からもらった新品のタオルもいくつも引き出しにたまっている。

などと色々考えた後、思い切って一度に何枚も捨てます。

続いての「食」は、スーパーにあるあらゆる食品がビニール袋に包まれていて、
1食作るだけでも結構なゴミが出ますね。

飲み物は「カン」、「ビン」、「ペットボトル」。
家で一番たまるのがビールのカンなんですが、
毎日飲む人であれば、すぐゴミ袋いっぱいですね。

「住」はお風呂に入ったり、衣類を洗濯したりなど毎日かなりの量の水を使っています。
もちろんその水は、洗剤や汚れが混ざっているのでゴミと同じように排出されていきます。

このように、私自身の生活を見直しても
大変な量の「ゴミ」を出してきているのが分かります。
いったい、それらの「ゴミ」はどこに消えているのだろう。

将来、人間は自分たちが出してきた「ゴミ」により住む場所がなくなり、
「ゴミ」の中で生きていかなければいけなくなったり、
そんな愚かなことにはなりたくないですね。

とにかく、今私たちに出来ることは「分別」なんです。
そして「リサイクル」なんです。
今では当たり前のことかもしれませんが、なかなか完璧に出来ている人は少ないと思います。

これから先、便利に快適に生活していくには、
もっと多くの人の「リサイクル」に対する意識を高めていかないといけないと思います。

タグ:ゴミ
posted by dragon88 at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月11日

冷夏による環境問題

8月になったにもかかわらず、いっこうに雨のやむ気配はない。
日本全国で雨による被害が多発している。
早くも活発な台風が発生し、いったい夏は何処に行ってしまったんだろう。

自然環境のリズムが乱れると、作物などに大きな影響がおよぶが予想される。

1993年、日本は冷夏による影響で大きなダメージを受けた年でした。
日本人の主食であるお米はもちろんのこと、野菜や果物といったものも不作でした。

また、冷房器具や衣料品、ビールなどの季節商品も売れず、
日本経済は目に見えてダメージを受けたようです。

 この年の秋に収穫されたお米は、
日本人が国内で1年間に消費するお米の量からみると、
200万トン以上も足りなかったそうです。

9月下旬になり、お米の不作報道が日本中に広まると、
政府は100万トンの米緊急輸入を決定します。
輸入予定はその後266万トンまでふくれあがったようです。

 年が明けたころから輸入米が販売されはじめ、本格的な米騒動がはじまります。
スーパーなどでは、米価格の高騰。米農家ではお得意先にしか売らなくなったりしました。
お米の販売には行列ができ、何処に行っても、国産米は売り切れ状態となったようです。

 また海外でも、日本の緊急輸入の影響を受けていました。
当時、お米はどの国でも自給的な作物だったのですが、
それまで輸入が0だった日本が急に266万トンの輸入を発表したのです。

 当時の世界の米貿易量は全体で約1200万トン。
そのうちの約20%の需要が突然登場したのです。
お米の貿易価格は約2倍に高騰しました。

輸出国のタイなどでも国内のお米の価格が上昇し、国民の生活を苦しめることになりました。

逆に、輸入国のアフリカやイランなどは、日本のせいでお米が買えずに生活が危ぶまれたようです。

 日本はこの年、飢餓を他の国に輸出して生きのびたと言ってもいいでしょう。

人間の生活は、自然環境に大きく左右されます。
今年の秋になり作物の収穫量がどうなるか心配ですね。
posted by dragon88 at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月28日

発展途上国に申し訳ない

今、なぜこんなにも各地で大雨による被害が多発しているのか。

ここ5年ぐらい、ニュースでは毎年「記録的な大雨」や「例年にない・・・。」
などと言う言葉をよく耳にする。
毎年、毎年、記録を更新していて大丈夫なのだろうか。

水泳や100メートル走の喜ばしい新記録とは真逆な記録更新である。

いったい地球の環境はどうなっているのだろうか。
もし、地球が飽和状態になってしまったらどんな災害が起きるのだろうか。

今月に入ってベトナムで大雨による洪水や土砂崩れの影響で19人が死亡、
12人が行方不明になるという事態が発生したようだ。

今現在、各地で発生している天災は日本やアメリカ、ヨーロッパなどといった先進国が
人間の住みやすいように自然環境をいじってきた代償のように思えてならない。

森林伐採による世界の砂漠化や、オゾン層の破壊により紫外線が大量に放出されたり、
石油がなくなるような危機が迫ってきたりなど、その代償はどうしてか発展途上国に集中している。

これから発展しようとしている国は、発展しようにも自然環境がそれどこれではなく、
自分たちが生きることでさえ危ぶまれている人たちも少なくはない。

世界の平均寿命を見てみると、日本の平均寿命は約82歳に対して、
ジンバブエではなんと平均寿命約36歳と言うから驚きだ。
(世界平均寿命・国別順位 [世界保健機関WHO - 世界保健報告2006年度版]を参照)

同じ地球に生まれて、こんなにも差が出てしまう現実は本当に心苦しい。
どこに生まれるか選べない人間は、それが運命になってしまう。

きっとどの国に生まれても、色々な人生があり内容の濃い薄いの差なんていうものはないと思うが、
この現実からは目を背けてはいけないだろう。

また、人間はこれから訪れるであろう、
さまざまな天災による代償も覚悟しないといけないでしょう。
posted by dragon88 at 05:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

エコなお風呂

 誰もが無料で平等に得られるエネルギーがある。
それは太陽の光です。

全世界の人々が同じ一つの太陽の下で生き、同じ光を浴びています。
当たり前のことですが、なんだかとても素晴らしい感じがします。

世界各国自然環境はさまざまですが、
皆さんに等しく分け与えられるものが太陽の光なんですね。
 
そんな太陽の光をうまく利用して、
これからの生活に役立てて行くことが大切です。

 しかし、ソーラーシステムやソーラーカーなどと言ったものは最近良く耳にしますが、
実際にはまだまだ身近に感じられないですね。

そこで、近所のおじさんがやっていた
太陽の光を利用したエコで画期的なお風呂の入り方を少しご紹介します。

 そのおじさんは、アウトドアな田舎暮らしが好きで元々は東京の人なんですが、
山に別荘を建てました。そして、家のすぐ脇に小さいお風呂を作ったんですね。

どうやってそこにお湯を溜めるかと言うと、まず水道にホースを繋ぎます。
そのホースを屋根の上に這わせるんです。

太陽の熱で熱々に暖められた屋根の上を通ることによって、
始めは真水でもお風呂に到達するころにはすっかりお湯になっていると言うわけです。

 しかし、このシステムには弱点がたくさんありますね。

 まず、第一に太陽の照っている日中でなければ、お湯にならないと言うことが問題です。
あと、外にあるお風呂ならまだしも、家の中までホースを引っ張るとなると、
とてつもなく長いホースが必要ですしね。

田舎暮らしの生活ならともかく、普通の人にはこのアイディアちょっと厳しいですかね。

 しかし、近代では高度な技術で太陽光の開発が進められています。
いずれはもっと太陽のエネルギーを身近で活用できるようになり、
二酸化炭素の削減や、自然保護に繋がっていければいいですね。
posted by dragon88 at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

1日になんと約100種類もの生物が 絶滅の危機

世界的に地球の環境問題の悪化が深刻になっているのは、
もう目に見えてわかる状態です。

森林破壊、温暖化、生物の絶滅は
取り返しのつかないところまで来ているかもしれません。

世界中で1日になんと約100種類もの生物が
絶滅の危機に陥っているそうです。

さらには、発展途上国の人口の爆発的増加や
貧困などといった先進国との経済的背景も
環境問題と大きくかかわっていると十分に考えられます。

中でも日本は環境問題に対しての対応が
他の国に比べると遅れをとっているようです。

日本の食料自給率は約3割ほどしかなく、
エネルギーの自給率にいたってはなんと1割ほどだそうです。

これには間違えなくもっと国自体が
しっかり考えていかなければいけないと思います。

 水道の蛇口をひねれば水が出るというのが当たり前な日本は
恵まれていることを、もっとたくさんの人が理解しなければいけません。

世界では砂漠化が進んだり、
およそ10億人近い人たちが飢餓に苦しんでいたりと
飢餓は世界第1位の死亡原因になっているようです。

地球の環境問題は世界中の経済問題にも
大きな影響を与えていることも事実です。

一刻も早く手を打たないと人間が絶滅する日も
いつか来てしまうかもしれませんね。

posted by dragon88 at 05:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

水素で走る車

 「石油がなくなる日」。そんな日が来たらどーしましょう。
今、私たちの回りには石油から成り立っているものばかりです。

まず第一に大きいものが車ですね。
それから、ペットボトル・衣類・プラスティック・ビニール製品などさまざまです。
もし、本当に石油が地球からなくなったら間違えなく今のような快適な生活は送れなくなります。
私たちは石油という力に頼り過ぎてしっまったのです。
今、地球環境と私たちの生活が問われるときにきています。

 日本は車社会が発達しているため、都心部から少し離れれば多くの人が車を持っています。
毎年ゴールデンウィークなどの大型連休には高速道路など大渋滞です。
渋滞している車は停まってはいますが当然エンジンはかかっているし、中ではエアコンをつけています。

夏なんてとくにエアコンをつけないと、車になんか乗れたものではありません。
でもこれって地球環境にはものすごく悪いことですね。
エアコンや車の排気ガスからは多くの二酸化炭素が排出され、
地球のオゾン層を破壊する原因の一つになっています。

また、温暖化にも繋がっています。
このまま私たちの生活から多くの二酸化炭素を出し続けていたら、
地球は二酸化炭素を溜めきれなくなりパンクしてしまいます。

 そんな中世界では電気自動車や水素自動車などが今注目を浴びています。
水素で走る車と聞くとまだまだ遠い話に聞こえますが、
もうドイツなどでは発売もされているんですね。

車に石油を使う時代が終わって電気と水素を使う時代が近い未来にきたら、
地球環境も良い方向に変わっていくかもしれません。

でも、車に水素を入れてくれるスタンドはドイツでもまだ6つしかないとか・・・。
タグ:地球環境
posted by dragon88 at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月17日

エコが景気の救世主?グリーンカラー!

「地球環境基金」は設立したとき、バブル崩壊が本格化し、地球環境基金は、緊急性がない。金があるときにやるべきものと一転してしまった。

しかし、当初構想には及ばないものの、138億円まで増えているという。

ブッシュ前米政権では、京都議定書から離脱したが、米南部を襲った大型ハリケーンなどで、地球温暖化は現実であると認識する米国人が増えた。
アル・ゴア元副大統領が温暖化の脅威を語る映画「不都合な真実」がこうしたタイミングで公開され、幅広い支持を得た。

バラク・オバマ大統領となり、温暖化対策が日本主導であれば、「節約」が強調されるところなのかもしれないが、米国が前面に出ると、「技術革新」となり、「環境ビジネス」となる。

この地球温暖化対策を景気浮揚に結び付ける構想を「グリーン・ニューディール」ともいう。

オバマ大統領は、「グリーンカラーの雇用を創設する」と公約している。

麻生政権も、2015年までに環境ビジネス市場を100兆円規模に拡大し100万人近くの雇用創出をすると言っている。

さて、韓国など、どの国も環境分野への投資拡大を図る昨今だが、一見ポジティブな政策も、良く考えて欲しい。

今、人類の行動は、狩猟民族から農耕民族を目指すべきではないだろうか?

地産地消を言いたい。

地球環境にやさしいエネルギーを作り出すことより、無駄なエネルギーを使わないゆったりとした人間らしい生活を目指すべきではないだろうか?

廃藩置県ではなく、廃県置藩をして地方地方で成り立つ隣近所の物々交換社会を作り、のんびりとゆったりした社会を作りませんか・・・

これぞ、グリーンカラーです。
タグ:地球温暖化
posted by dragon88 at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

中古自転車のリユース

地球環境問題解消に役立ことで私ができることは何だろう
2,3年後に定年退職し年金生活を送ることになるのだが...

色々考えた結果、中古自転車のリユースを推進したいとの思いに至った。

先ず、自転車は化石燃料(ガソリン)枯渇を少しでも遅らせることができる。
ガソリンが枯渇しても人間の移動手段としては永遠に可能な手段だ。

地球環境とともに、大切な人間の「健康」にも大きく役立つ。
横浜に単身赴任してたとき、満員電車で通勤していた。
バイクでの通勤を考えたことも有ったが、何故、自転車を使わなかったのだろう?
幸いに、残業が多かったわけでもなく、バイクで2,30分だったから、自転車でも1時間で行けただろう。

横浜での単身赴任は、股関節症の私には満員電車と駅の構内の移動が辛く、1年で挫折し田舎の本社に戻してもらった。
自転車なら、まだ続けることができたのではないだろうか?

最近、都会の通勤族が、結構、自転車通勤に変えたとニュースで聞いた。
本当に良い方向に動いていると思う。

さて、話しを戻して、中古自転車のリユース推進の話しだ。
息子、娘が大きくなり、子供のころの自転車をどうしたか?

娘の自転車は家内の妹の娘に譲った。
息子の自転車は、山の中の処理場に持っていった。
娘の自転車は、その後また他の人に渡っていった可能性はあるが、
山の中に埋められるため、何台も置いてあった自転車を見て寂しい気がしたのを覚えている。

駅に放置される自転車も大変気になる。
高校、大学に進学と共に買い、卒業とともに捨てられるのだろう。

これらの「山に埋められる自転車」「駅に捨てられる自転車」の再利用を促進したいと考えるようになった。
色々、そのような仕組みが出来ているのだろうが、我が家が良い例で、息子、娘には新しい自転車を買い、それを捨てたのだ。

大半の家庭では、我が家と同じことをしてきているのではないだろうか?

定年退職までの2,3年で先ずは、

自転車の修理を自分で出来るようになりたい
そのために、どこかの自転車屋さんでアルバイトしながら修行したいと考えている
幸いに、機械いじりが好きで、学校も機械工学を専攻したのだから...
タグ:自転車
posted by dragon88 at 06:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

小型液晶TV、大気汚染予報

東芝、省エネREGZA C8000投入で「レグザ環境宣言」
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20090304_43147.html
-----
でも、そんな大きい画面でないとだめなのかなあ
高画質でないとだめなのかなあ
コンテンツ(放送内容)が良ければ、
画質や画面の大きさなんて忘れて観てるものだと思うのですが...
そのほうが、電気代節約、地球温暖化防止になります。

先日、我が家のテレビは21型のブラウン管タイプから、
娘がアパートで使っていた15インチの液晶テレビに入れ替えました。

まあ、見たいテレビ以外は見ないのですが、かなりの効果があるでしょう。
地上デジタル対応は、NHKのオンデマンド放送で対応しようかと考えてます。

オンデマンド料金を払うので、NHK受信料は拒否しようかとも考えてます。
(今、NHK様に確認したら、オンデマンドサービスを受けるのに
受信料の支払い義務は無いとのことでした!)

-----
黄砂・オゾン…大気汚染予報始めます 国立環境研HPで
http://www.asahi.com/national/update/0226/TKY200902260225.html
-----
大気汚染予報でなく、大気クリーン度予報と言ってほしいですね
それはそうとして、色々な環境指数が計測されデータが記録され、48時間先までの警告がなされるようになれば、大進歩ですね
日々流れる情報の中で改善機運も高まります。
posted by dragon88 at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。